嘘のない本音を叫ぶ「キズ」

キズ

嘘のない本音を叫ぶ「キズ」

1.メンバーと概要

2.始動わずか10ヵ月でTSUTAYA O-WEST公演をソールドアウト!

3.歌詞・MV・ライブ演出の全てに強いこだわりのあるバンド

キズ

出典:キズオフィシャルサイト

メンバー

Vo. 来夢 / Gt. reiki / Ba. ユエ / Dr. きょうのすけ

 

概要

2017年に始動したビジュアル系バンドです。
5月に1stシングルをリリースし、8月には1stワンマンを開催。
2018年1月に行われた東京TSUTAYA O-WEST公演をソールドアウトさせるなど始動直後から圧倒的人気を誇る話題のバンドです。

 

「音楽は人を救う」と言いますが、キズは「救われたい奴だけついてこい」というスタンスで活動しており、単なる共感ではなく自分で考えて答えを導いてほしいという思いの元で歌っています。
リリースから期間を空けてリリックビデオを公開したり、自分の考え方の変化に合わせてリリース済楽曲の歌詞を変えたりする(ライブ中にその部分を歌わない)など歌詞に対する気持ちの強いバンドです。

 

楽器演奏のレベルも非常に高く、インタビューでは「すでにモンスターバンド」と言い切るなど自信にあふれる堂々とした佇まいも魅力的です。

 

個人的おすすめポイント

始動前に「アナタノ傷ヲキカセテクダサイ」というタイトルで電話相談の企画が実施され、話題になりました。
相談を受けたのはボーカルの来夢さんなのですが、企画が終わるまでその正体は明かされていませんでした。
というのも、「キズの来夢」として電話を受けるのではなく、1人の人間対人間として本音が聞きたいという意図があったからだそうです。

 

様々な悩みを聞くことで「キズ」というバンドは誰のために何を歌うべきかを考え、その想いを1stシングル「おしまい」に反映させました。
その後も「ソノ恨ミ拝聴シマス」という電話企画を実施して「怨ミ節」の3番が生まれるなど、ファンと一緒に「キズ」を作り上げていくスタイルは他のバンドには見られないのではないでしょうか。

 

カップリング曲も表題曲に負けないパワーがあり、いわゆる「カップリングっぽさ」のようなものを感じさせません。
全ての楽曲に重みと深みがあり、歌詞カードとにらめっこしながら聴いていただきたいです。

 

2018年12月にリリースされたシングル「0」(ゼロ)ではかなりショックの強いMVが公開され、YouTube版では一部が規制された仕様となっています。
基本的にどのMVも展開が目まぐるしく1回見ただけでは数パーセントも理解できないぐらいですが、「0」のMVは特に情報量が多く何度見ても追いきれません。

 

また前述のO-WEST公演ではソールドアウトにもかかわらず結果は赤字。
自分の想いを表現するためには手段をいとわないところにもバンドの強い信念が感じられます。
目にも耳にも頭にも心にも、1度聴いたら忘れられない強烈なインパクトを全身に与えるバンドと言えるでしょう。

おすすめナンバー

リンク情報

公式サイト

Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です