噂の解散詐欺バンド?極楽浄土(ごくらくじょうど)

極楽浄土

噂の解散詐欺バンド?極楽浄土(ごくらくじょうど)

1.メンバーと概要

2.解散と復活を繰り返す「解散詐欺バンド」

3.笑えるライブパフォーマンスと本格メタルがウリ

極楽浄土

メンバー

Vo. 茂さん / Gt,Vo. ダヴィデ / Gt. Diamond 拓人 / Ba. 新宅 / Dr. 橋兄さん

 

概要

2006年に神戸の居酒屋で結成されたという仏教メタルバンド。
仏教とメタルの融合を目指すも、あまりに軽いノリで始めたため仏教の知識が足らず早々にネタ切れ。
途中から日本史を取り入れた楽曲へと方向をシフトしていきました。

 

2012年に就職のため解散となりましたが1年経たずして復活を果たし、現在も復活ライブという形で地道にライブ活動を続けています。
また解散したにもかかわらず、その後音源のリリースもされており「解散詐欺」として物議をかもしています。

 

結成のきっかけもそうですし解散したうえでのライブや音源リリースなどかなりユニークなスタイルで活動を続けているバンドですが、楽曲は本格的なメタルサウンドとなっておりクオリティの高さはピカイチ。
Last Day DreamやDEVILOOFなどとも対バンしています。

 

個人的おすすめポイント

極楽浄土は本当に面白いバンドで、ライブ中も随所に笑いを入れてくるサービス精神旺盛なキャラクターが魅力的です。
曲中に物販の宣伝をしたり、画用紙に歌詞を書いてオーディエンスに歌わせたりと他のバンドでは見られない愉快なパフォーマンスが楽しめます。

 

またTシャツと袴といった独特な和装スタイルでの演奏も、極楽浄土というバンド名や日本史を題材にした楽曲にマッチして格好良いです。
ベースの新宅さんだけはなぜかゴミ箱をかぶっており、これがまた不思議な世界を作っていて印象的です。

 

そんな極楽浄土のメンバーにとっての解散は、飲み会終わりの「今日はこれで解散」のような感覚だとインタビューで話していました。
軽いノリで解散しているイメージを持ちますが、いつもこれで本当に最後という気持ちで臨んでいるとも話しておりその力の入ったライブは見応えがあります。

 

一見すると終始ふざけているように思えるものの、エモーショナルなメロディとキレのあるメタルサウンドは本物。
「ディッシュカウンターお菊」や「マリア様がふまれてる」といった不穏な曲名と、怒りや悲しみを表現したスクリームは1度聴いたら忘れられません。

 

形としてはすでに解散したバンドですので、ライブ本数も少なく地方ではなかなか観ることができませんが、ぜひ生の迫力ある演奏を体感していただきたいと思います。

おすすめナンバー

リンク情報

公式サイト

Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です