涙を誘う歌詞が魅力のGOOD ON THE REEL(グッドオンザリール)

GOOD ON THE REEL

涙を誘う歌詞が魅力のGOOD ON THE REEL(グッドオンザリール)

1.メンバーと概要

2.優しさと攻撃性を兼ね備えた心揺さぶる歌声

3.切なくて深い歌詞と突き刺さるボーカル

GOOD ON THE REEL

メンバー

Vo. 千野隆尋 / Gt. 伊丸岡亮太 / Gt. 岡﨑広平 / Ba. 宇佐美友啓 / Dr. 高橋誠

 

概要

2006年に結成されたロックバンドです。
2017年には自主レーベル「lawl records」を立ち上げ、初期衝動をテーマに普段の優しい楽曲だけではない攻撃的なパンクサウンドを取り入れたミニアルバム「光にまみれて」をリリース。
エモーショナルで疾走感のある新しいGOOD ON THE REELを楽しめる1枚となりました。

 

2015年にメジャーデビューを果たしており、「CDTV」のエンディングテーマとタイアップをしたり各地の大型フェスへ出演したりするなど活躍を続けています。
GOOD ON THE REELの特徴はボーカル千野さんのセンセーショナルな歌声・歌い方にあり、聴く人の心を揺さぶります。

 

千野さんはスピッツやPlastic Treeのトリビュートアルバムにも参加しているので気になる方はこちらもチェックしてみてください。

 

個人的おすすめポイント

GOOD ON THE REELは男性目線だけでなく、女性目線からの歌詞で作られた楽曲もたくさんあります。
比較的バラード調のメロディが多く、ストーリー性に富んだ切ない歌詞と心に突き刺さる歌声に涙を流しながら聴くオーディエンスの姿も少なくありません。

 

アップテンポの曲やポップ調の曲ももちろんありますが、こちらも歌詞をよく聞くと恋愛だったり生死だったりを考えさせられるテーマになっているので、ノリが良いだけで片付けずにじっくり聴いてほしいなと思います。

 

それぞれの曲がしっかりした物語になっていて、まるで1冊の本を読んでいるような奥行きのある構成が魅力です。
また個人的にはベースの音がしっかりしているのもおすすめポイントの1つ。

 

1枚のアルバムの中でも悲しい結末を連想させる楽曲がいくつか入っている印象ですが、なぜか最後まで聴くとスッキリしていて爽快感すらある不思議なバンドです。
メロディラインの美しさからなのか、物語を読み切ったという感覚なのか、とにかく聴き終えたあとの満足感が大きいです。

 

いわゆる「聴かせるバンド」なので、1人の時間に思いっきり感情を出しながら聴いてみてはいかがでしょうか。

おすすめナンバー

リンク情報

公式サイト

Twitter

出典:グッドオンザリール公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です